しゃとるの感想文

映画とかDVDの感想を私がただダラダラと叫ぶ場所。ネタバレはする、考察はしない。

Diner見たら細胞の一粒までスキンに従うしかない

はじめに

終了ギリギリで滑り込んだDinerで評判通り窪田正孝に殺されたので。なんか窪田正孝のオタクでは無いんだが面白そうだと見に行ってしまうんだよな。「面白そう」だけだと見に行かない事も多いけど、そこに窪田正孝or間宮祥太朗が合わさるとかなり高確率で見に行く。彼らが出てれば割と面白い。個人の感想です。

思いのほか導入が長ぇ

オープニングの3歩歩いてギーッタン3歩歩いてバーッコンは何だったんだ。
あれはどういうための、疎外感を表すにしてもただの雑踏でいいのでは、これが蜷川映画流なのか…???知らんけど…みたいな気持ちになった。笑いそうだったけど数分間耐えきった。通勤ラッシュのおっさん達が周りで綺麗に揃ったギーッタンバーッコンをする真ん中でよく失望した顔を保てたな……私だったら笑ってNGを連発してしまう…

舞台が出てきて劇で幼少期表現するのめちゃめちゃ面白い発想だなと思いましたまる

旅行行きたいからって「バイト 即金 30万」の検索はヤバいのでは???人生投げ打ちすぎでは???カナコが最初にハマって金を出そうとしたのがメキシコで良かったね、ホストにハマってたら即刻で死んでたよ。

食材置き場の色別具合とか店のネオン花ギラギラカラフル具合、芸術。現代だったし芸術だったが現代芸術の意味不明さとはまた違った感じの色彩だった。多分ボンベロの店でTasty Japanを撮ったらめちゃめちゃ映える。

隅から隅までスキンが良いぞ

「ボンベロがボスじゃね…」という哀れみと同情がこもった優しい声と、お駄賃でこっそり飴を差し出す「はい」が窪田正孝でしかねぇ。あれは窪田正孝の声だった。「はい」とか完全に近所の優しいお兄ちゃん経由犬系男子行きの特急列車だった。

というかスキン、めっちゃカナコに餌付けしようとするやん、累計でご飯何回差し出した…?飴ちゃんも渡すし…そんなに自分の渡した物でカナコの体を構成したいの?そっか……

スフレに関しては早口で美味しさを布教して「食べてほしい!」と言いながらひたすら食べる手が止まってないの可愛いな(^^)いっぱいお食べ(^^)みたいな感情だった。

これは自分のミスなんですけど、ボンベロがスキンのスフレを復唱させるからスフレ伏線なんだろうな一悶着あるんだろうなと思いながら見てて。で、スキンが食べ始めてから「ホントおいしいなぁ母さんのスフレ…」と言った瞬間真顔に戻ったので「あっ『スキンのスフレ』じゃなく『母さんのスフレ』と言うのが地雷ワードだったのでは?これはもしかして地雷自爆パターンか???」と思ったら普通に違って違うんか~~~~い!!異物混入か~~~い!!!ってなりました。普段深読みとかしない人間が無理するからこうなる。

窪田正孝の長髪はホームレス感どころか高貴なオーラすら感じた、やはり銀髪にハズレは無い。耳が欠けているのはピアスをセーターで引っ掛けたからという事にします(笑)という後付け公式設定*1が最高でニコニコしてしまう。ありがとう本郷奏多くん。銃乱射して暴れるのに。顔中怪我跡なのに。「※耳の怪我はピアスをセーターに引っ掛けました」という一文を付け足すだけであら不思議、脳内スキンがあっという間に二頭身ちびキャラぬいに大変身。

スフレを妨害無く完食してテンション上がりまくり銃乱射しまくりの窪田正孝、スイッチが切り替わるかの如く母さんに嫌われるごめんなさい怒らないでと丸まって錯乱する窪田正孝控えめに言ってさすがに性癖案件すぎる、作者は私の身近な場所にいるのでは???
当方、成人男性が怯える姿大好き侍と申す者でして、現実ではダメゼッタイ!というのはひとまず置いとくと、幼少期の虐待記憶トラウマをほじくり返されて思考退行する男性の描写が大好きなんすよ。落差が激しければ激しいほど愛してしまう、私は君が過呼吸になった時の紙袋として存在してあげたい。あと脳内にネガティブな事をささやき続ける人格を飼っていて夜はそいつに怯えながらギュッと縮こまってる人とかも最高。腕力もあり一通りキャリアもあるような男性が毛布をかたく握って逃げようのない己と闘っているギャップがはちゃめちゃに好き。何?これは庇護欲?
その昔「ザ・クイズショウ2009」というドラマがありまして、まあ疎かった私は生で見れていないんですけれども、嵐の櫻井翔演じる神山悟という男性が人気クイズバラエティー番組の司会者として出てくるんです。マジ挙動が若くてあざといので見て。で、彼、収録が終わったら蛇口から水が滴る音だけ響くような無機質真っ白監獄的部屋に監禁されてるんですね。白いパジャマを着た彼は記憶喪失で鏡を見ては脳裏に事故の記憶がよみがえって叫んだり、監禁者(関ジャニ∞横山裕演じる本間くん)に胸倉掴まれて恫喝されて怯えたりの日々なんですよ。でも収録だけ別人格で司会者としてのらりくらりとクイズで解答者の過去の罪を暴いていくんですわ。このONの櫻井翔感とOFFの怯え方のギャップが中1?中2?くらいの私の性癖を開花させたんですね。恐ろしい。道連れにしたいからみんな見て。スキンは神山悟の味がした。

窪田正孝の死は報連相で防げただろ!!!!!!(窪田正孝ではない)

これはいつまでも言う、窪田正孝の死は報連相で防げた(窪田正孝ではない)

吸血鬼すぐ死ぬ
窪田正孝すぐ死ぬ

ボンベロ兄さん…!!

個人的にカブト虫食って電話したと思ったら湖に浮かぶ死体絵画モチーフ*2でダイナー来店前に死んだマテバが悲しかったです。そんな贅沢に小栗旬使う事ある?こちとら「まーーーーじかっ(おばたのお兄さんの方で)」なんですけど。

キッド、子供の体と本郷奏多の顔との合成なのかなーとか思ってたけど、菊千代に噛まれて店追い出される時の手足の動き方がすごく本郷奏多だったので比率調整した本郷奏多なのかもしれないと思った、なお本郷奏多を見た事はほとんどないです。ラブホの上野さんは見てた、上野さんもぶりっ子してたのでこれで私の視聴した本郷奏多のぶりっ子率が100%に。

漆黒の無傷真矢ミキ絵面が強い、これが宝塚の力…!!!!

個人的に睡眠の時間さえもボンベロの差し出す睡眠薬で決められるという全面的支配を見て正直めちゃめちゃ創作BLに使えるじゃんありがとう……と思った。一番最初に365日24時間働けるか!!?と脅しといてちゃんと寝る時間設けてくれる優しいボンベロ兄さん。とぅんく。

本当にボンベロが保護者だった……優しい……酔っ払いのお触りから救い、スキンを殺してしまっても出て行けと扉を開け、カナコに「必要とされなくてもここに居たい」と言われれば「いらなくはない…」と部屋から去り、カナコが組織抗争を知りすぎて連れていかれた時にも「…んぁもう!!!」みたいに死ぬ覚悟で犠牲になり組織VS1人になる……保護者……というか「いらなくはない…」という表現、ツンデレの最骨頂すぎて脳が溶けたんだけど!!!?スキンを殺したウェイトレスを追放しようとしたボンベロさんは逆にもう過去のウェイトレスをどういう理由で殺したんですか??むしろ何をしたらボンベロに殺されるんですか???

それぞれが殺し屋になった背景とか過去のウェイトレスが殺された理由が何一つ描かれないのがとてもいいと思いました。と思ったら、原作では描かれてたようでそれはそれで読みたい。

まとめ

映画の途中は泣かないのにスンッと映像が暗くなってエンドロールになった瞬間に涙が出る現象に名前を付けたい

スキンは死ぬ前に最後に私を殺しました。

あと窪田正孝の死は報連相で防げた。